シーシャ とはLP-05.png

​タピオカの次は

​    シーシャが流行る!

SNSなどで著名人がシーシャについて発信していることから

若者を中心に愛好者が増えちょっとした流行となっているシーシャ。

ゆったりと香りを楽しむ中東文化発祥の嗜好品で

近年では健康志向が高めってきていることもあり、

電子タバコやアイコスなどの比較的に害の少ない ことから

世界的なブームに。

日本国内の愛煙家の周りでも煙が美味しいと

評判になっています。

日本でも『煙草=ダサい!』 

『シーシャ=オシャレ』と

煙草から水タバコに移行しています。

タバコ特有の臭いや、肺へのストレスの要素をカットし、

フルーツやスイーツなど様々な味や香りを楽しめることもあり、

非喫煙者の方や若い女性のお客様まで幅広い層に受け入れられております。

シーシャ とはLP-07.png

「タバコの煙」と「シロップの蒸気」の

ハイブリッド。

What is shisha?

シーシャって何?

フレーバーと呼ばれる香り付けされた
タバコの葉は、製造工程で煮たり蒸し
たりする事で、タバコに含まれるニコチンや
タールのほとんどを洗い流しております。
(ニコチンは水ですぐ溶けて無くなってしまいます。)
タバコ特有の臭いや、肺へのストレスの要素を
カットし、フルーツやスイーツなど様々な味や
香りを楽しめます。当店では趣向を凝らした
レシピのシロップで甘さと香りを演出します。

History

諸説あり!

発祥はオスマントルコかエジプトか、インドという説が有力です。
水パイプ、シーシャはインドの医者の発明とも言われていて、タバコをそのまま吸うと

健康を害するので、煙を水を通すことによって浄化するというコンセプトの元、

水パイプを発明したと言われています。

その結果、インドの貴族間で一般的となり、インド貴族を代表するシンボルとなりました。

エジプトや中東では「シーシャ」の呼称が一般的ですが、
アメリカでは「フーカー」、トルコでは「ナルギーレ」と呼ぶことが多いです。
もともとは、

タバコの葉を糖蜜に漬けただけのものを吸っていましたが、

ここ30年ほどで、果物やハーブの甘い香りを添加するようになったそうです。

宗教上の理由によりアルコールを呑まないイスラム圏の
方々にとっての、それに変わるコミュニケーションツール
としても受け入れられ、アラブ諸国を代表する「文化」にまで発展してきました。
近年ではアラブ諸国に留まらず、アメリカ、ヨーロッパ各国、

アジア圏にまでシーシャの文化は世界中に広がりようやく日本にも

ブームメントが到来したと言えるでしょう

シーシャの歴史

The attraction of Shisha

シーシャの魅力

魅力1:リラックス効果が高い

シーシャは一度炭を乗せると1~2時間楽しめるのも魅力の1つ。ゆったりと長時間

リラックスして過ごして頂けるよう、ほとんどの席を贅沢にソファー席としております。

Wi-fiや電源も自由に使えるので、パソコン作業やネットサーフィンなど、

多目的なご利用が可能です。

魅力2:コミニケーションツールとしての力
ひとりでゆったりした時間を楽しんだり、

友人とのコミュニケーションを楽しむ場としてもオススメです。

シーシャ とはLP-10.png

魅力3:フレーバーの組み合わせで味が無限大
シーシャの魅力はフレーバー(味)の豊富さ、
シーシャを作る人によって変わる味わい、
シーシャから生まれるコミュニケーションなどです。
シーシャのフレーバーは数百種類あり、
それらミックスして吸うことで無限の組み

合わせの香りや味を楽しむことができます。
様々なフレーバーを楽しむことができます。
シーシャ機材によっても、出る味が変化します。
機材とフレーバーの相性もあり、様々な組み合わせで
シーシャを作る楽しさがあります。

シーシャ とはLP-11.png

魅力4: ニコチンフリーでも楽しめる
イイ香りとフレーバーの味を楽しみつつ、
友人や恋人とコミュニケーションを取りながらまったりリラックス。これこそがシーシャの魅力といえるでしょう。タバコが苦手という方でも楽しめるようにニコチンフリーのフレーバーもあります。電子シーシャならタールも無しなので安心して

『THE SHISHA HOUSE』をお楽しみいただけます。

シーシャ とはLP-12.png

どんな仕組みで

         煙が出るの?

フレーバーを「クレイトップ」容器に

盛り、それにHMS

(ヒートマネジメントシステム)

と呼ばれる専用の機材を置き、

その上に炭を置いて

フレーバーを蒸らします。

そうすると容器の中で蒸された

フレーバーが煙となって、

ステムと呼ばれる部分を通り

一度水の中を通ってボトルの上部に

煙が上がってきます。

この時ボトルの中の水はフィルターの

役割を果たしており、

この水を通すことで口当たりの良い

滑らかな煙に変わります。

炭の量(熱の量)により

煙の量も変わります。

爆煙で吸いたい方は、

少し炭を増やしてもらうなど

熱量を増やしてもらうと良いでしょう。